実は海底には潜水艦を探知するためのケーブルがある!?

海中で隠密行動するために作られた乗り物が潜水艦です。海中を進む潜水艦を探知するのは現在の技術でも非常に困難な事となっています。そんな海の忍者である潜水艦を探知するために海中には潜水艦探知用のケーブルが敷かれていることをご存知でしょうか?

“実は海底には潜水艦を探知するためのケーブルがある!?” の続きを読む

潜水艦はなぜ見つからない?見つからないために何がされている?

海の忍者とも言われる潜水艦ですが、潜水艦には見つからないための様々な工夫がされています。そんな潜水艦の工夫をいくつか紹介してみたいと思います。

 

潜水艦はどのようにして見つかる?

まず潜水艦はどのように捜索されるのかを紹介します。(こちらの記事で詳しく紹介しています→潜水艦の探し方。潜水艦はどうやって探知するのか?)

“潜水艦はなぜ見つからない?見つからないために何がされている?” の続きを読む

VLSとは?垂直発射ミサイル?

VLSというものをご存知でしょうか?日本語では垂直発射装置となりますがその名の通り垂直にミサイルを発射するための装置です。イージス艦に蓋みたいなのがいっぱい並んでいるのを見たことがあるかと思いますがそれがVLSです。あの蓋が開いてミサイルが垂直に発射されます。

今回はVLSについて少し紹介してみたいと思います。

右の小分けされている蓋が開き、ミサイルが飛んでいきます

“VLSとは?垂直発射ミサイル?” の続きを読む

ヨコスカサマーフェスタ2017とネイビーヨコスカフレンドシップデー2017

だいぶ暑くなってきました。

また、イベントの紹介です。今回は海上自衛隊・米海軍の基地のある横須賀でのイベントです。

ヨコスカサマーフェスタ2017は海上自衛隊、ネイビーヨコスカフレンドシップデー2017は米海軍のイベントとなりますが両方とも2017年8月5日(土)に開催されますので、1日で両方楽しめます。

“ヨコスカサマーフェスタ2017とネイビーヨコスカフレンドシップデー2017” の続きを読む

自衛隊の階級と他国軍隊の階級

会社の係長・課長・部長・社長と同じように、自衛隊や軍隊にも階級があるのはご存知ですよね。

自衛隊の階級の呼び方と軍隊の階級の呼び方は少し違います。旧日本軍から自衛隊に代わるにあたって階級の呼び方も変えたのだそうです。

階級の一覧


自衛隊の階級と軍隊の階級を並べて比較してみたいと思います。

“自衛隊の階級と他国軍隊の階級” の続きを読む

対艦ミサイルとは?どんなミサイル?

対艦ミサイルとはその名前の通り、艦船を狙うためのミサイルです。

地上・艦船・航空機に装備できレーダーに発見されないよう対艦ミサイル独特の飛び方を行い敵艦船まで向かいます。対艦ミサイルはイージス艦などの対空装備を備えた艦船を相手にするためいろいろ工夫されているようです。

(画像元:http://www.page.sannet.ne.jp)

“対艦ミサイルとは?どんなミサイル?” の続きを読む

原子力空母とは?浮かぶ原子力発電所?

原子力空母とはその名前から想像できるように原子の力で航行する空母です。原子力というと発電所が思い浮かぶと思いますが、原子力空母にも同じように原子炉やタービンが積んであり核反応によりエネルギーを得ています。海に浮かぶ原子力発電所です。

(画像引用元:http://barbarossa.red)

原子力空母のメリット


・原子力でない普通の空母の場合、エンジンを動かすための燃料が必要ありません。そのため、燃料補給をせずとも全速で航行し続けることができるため高速に移動が可能となります。又、燃料が必要ないことで大きな燃料タンクも必要なくなりその分のスペースを弾薬や航空機用燃料の保管場所として利用できます。

・動力源も豊富に確保することができます。原子力発電所を積んでいるようなものなので電力は豊富にあり、航空機が発艦する際に使用する蒸気カタパルトに使う蒸気も豊富にあります。

・排気ガスが出ないため煙突が必要なくレーダーなどの電子機器が排ガスによって腐食することがありません。

原子力空母のデメリット


・お金がとてつもなくかかる。同じ空母でも通常動力の約2倍ほどの開発費がかかり、維持費も高く、廃棄する際の費用は原子炉を積んでいるため通常艦の10倍以上かかります。

・専門の技術者が必要になる。原子炉を搭載するためそれを扱える技術を持った船員が必要となり特別な教育を行う必要があります。

・原子炉を積んでいるため万が一被弾をした場合、放射能物質が放出する恐れがあります。又、原子炉の事故が起こる可能性もゼロではありません。

原子力空母って危ないんじゃ・・・


原子炉を戦場にもっていくようなものですから安全か?と言われれば100%安全ということはないでしょう。ですが、非常に気を付けて作られているようです。

原子力空母の原子炉は通常の兵器では直接原子炉を破壊することはできないようになっており、沈没までの間に原子炉の反応をストップするだけの時間はあるとされています。又、チェルノブイリのように電源喪失による水蒸気爆発の可能性ですが、何重にも安全装置が搭載されており最悪の場合でも制御棒が降り核反応を止めることはできるようになっているそうです。空母が破壊される際の衝撃や、海底へ沈んでいったときの水圧にも原子炉は耐えられるように設計されています。

 

神奈川の横須賀基地にも原子力空母が来ていたりするそうですが、実際に大きさを見てみたいですね。

戦艦につけられる「〇〇型」「〇〇級」とは何のことなのか?

日本の海上自衛隊や他国の海軍が保有しているイージス艦などの艦がありますが、その紹介の際に「〇〇型」「〇〇級」というのが最初についているのをよく見たり聞いたりすると思います。この級や型とは一体何のことを言っているのかご存知の方は少ないのではないでしょうか。

今回はこの型や級について調べてみたいと思います。

(画像引用元:http://www.mod.go.jp)

“戦艦につけられる「〇〇型」「〇〇級」とは何のことなのか?” の続きを読む

ミサイルの誘導方式。どうやって追尾しているの?

標的をロックオンして発射すると自動で追尾し破壊する為に作られたのがミサイルです。ではミサイルはどうやって自分から逃げる標的を追尾しているのでしょうか?

撃ったら勝手に追尾してくれるイメージがあるミサイルですが、全てがそのようなミサイルではないのです。様々なミサイルの誘導方式を紹介したいと思います。

(画像引用元:http://blog.goo.ne.jp)

電波ホーミング誘導方式


電波を使い敵を追尾します。基本的な仕組みとしてはレーダーのようなもので、跳ね返ってきた電波ををもとに敵の位置を補足し追尾します。この電波ホーミング誘導方式にも大きく3つ種類があります。

“ミサイルの誘導方式。どうやって追尾しているの?” の続きを読む

イージス艦とは?イージスシステム?

イージス艦という名前はテレビや新聞などで多く聞く機会があるかと思います。イージス艦とはイージスシステムというアメリカ軍が開発した武装システムでありそのシステムを搭載したものをイージス艦と呼んでいます。

このイージスシステムというものがすごいものなんです。

(画像引用元:http://kaito1412.wp-x.jp)

“イージス艦とは?イージスシステム?” の続きを読む