自衛隊の階級と他国軍隊の階級

会社の係長・課長・部長・社長と同じように、自衛隊や軍隊にも階級があるのはご存知ですよね。

自衛隊の階級の呼び方と軍隊の階級の呼び方は少し違います。旧日本軍から自衛隊に代わるにあたって階級の呼び方も変えたのだそうです。

階級の一覧


自衛隊の階級と軍隊の階級を並べて比較してみたいと思います。

階級の高い順から左が自衛隊式、右が軍隊式です。

  • 幕僚長 = 大将
  • 陸[海・空]将 = 中将
  • 陸[海・空]将補 = 少将
  • 一等陸[海・空]佐 = 大佐
  • 二等陸[海・空]佐 = 中佐
  • 三等陸[海・空]佐 = 少佐
  • 一等陸[海・空]尉 = 大尉
  • 二等陸[海・空]尉 = 中尉
  • 三等陸[海・空]尉 = 少尉
  • 准陸[海・空]尉 = 准尉(兵曹長)
  • 曹長 = 曹長(上等兵曹)
  • 一等陸[海・空]曽 = なし
  • 二等陸[海・空]曽 = 軍曹
  • 三等陸[海・空]曽 = 伍長
  • 陸士長 = 兵長
  • 一等陸[海・空]士 = 上等兵
  • 二等陸[海・空]士 = 一等兵
  • 三等陸[海・空]士 = 二等兵

と、いう感じだそうです。いっぱい階級がありますね。「一等陸佐」というのはあまり聞かないですが「大佐」というのはよく聞きますよね。ガンダムに出てくる赤い彗星のシャアは大佐です。もし、シャアが陸上自衛隊にいたら「シャア一等陸佐」となるのでしょう、ケロロ軍曹であれば「ケロロ二等陸曹」になります。

テレビなどで自衛隊の見学を放送するときに、自衛官の方が自分の名前と階級を言いますが、はっきり言って階級を言われてもどのくらいの位置の人なのかよくわかりませんでした。今回調べてみて自衛隊の階級も「将」→「佐」→「尉」、「一等」→「二等」という順番で下がっていくのがわかりました。これでテレビで自衛官の方が自己紹介した際になんとなくこのくらいだなというのがわかるのではないでしょうか。