アパッチとは?最強のヘリコプター?

ミリタリー系に興味がない方でも名前は知っている事が多いアパッチ

アパッチは最強の戦闘ヘリだと言われています。そんなアパッチの事をいろいろ紹介したいと思います。

アパッチの概要


アパッチという名前は愛称で正式にはAH-64という名前です。アパッチというのはアメリカの先住民族であるアパッチ族からとっているそうです。

アパッチはアメリカのボーイング社が開発した対戦車・対地攻撃用の戦闘ヘリコプターでありミサイルなどの火器、レーダーやGPSなどの電子機器を搭載しています。アパッチはAH-64からいくつか派生型ができており、AH-64B、AH-64C(現在はDと統一)、AH-64D、AH-64EまでありAH-64Fも構想中だそうです。

日本の自衛隊もアパッチを保有しており自衛隊のアパッチはAH-64Dで愛称は「アパッチ・ロングボウ」です。ロングボウというのはローター上に取り付けられるキノコ型のレーダーの名前で、このレーダーのおかげで複数目標のロックオン、危険度評価などイージスシステムに近い事ができるようになっています。(冒頭の画像でもロングボウレーダーを確認できます。)

アパッチの性能・機能


派生型によって性能や機能は変わるので一概に言えないのですが紹介したいと思います。

大きさはローター直径が13.41m、全長はローター含め17.7m、胴体幅は4.9m、全高は4.9mとなっています。数字だけで見るとあまり大きさがイメージできませんが、アパッチを間近で見るととても大きく感じます。最高速度は時速365kmです。

火器類は固定武器として装備しているのがM230 30mmチェーンガンでコックピット下に装備してあります、その他、対戦車ミサイルであるAGM-114ヘルファイア、対空ミサイルのAIM-92(スティンガーミサイル)、AIM-9(サイドワインダー)やハイドラ70 FFAR(ロケット弾)を装備する事ができます。電子機器はレーダーや火器管制装置とGPSなどを装備しています。

アパッチはなぜ最強といわれるのか


アパッチの中でも最強と言われているアパッチ・ロングボウについて紹介したいと思います。

アパッチ・ロングボウの最大の特徴であるロングボウレーダーは、捕捉から照準まで可能で空対空モード、空対地モードが切り替えられます。空対空モードでは30秒以内に360度の索敵が、空対地モードでは90度を1セクタとし3セクタの270度の索敵が可能となっています。ロングボウレーダーは同時に256目標の位置、移動速度、移動方向の測定が行え目標の種類まで特定ができ脅威度の判定を行い攻撃の優先順位付けまでを行えるそうです。イージス艦のイージスシステムみたいですね。

アローヘッドといわれるパイロットを補助するセンサ類もアパッチを強くしているものです。機体の先端部(コックピットの前)にガラスが張ってある丸いものがありそれがセンサー類が格納されているアローヘッドと呼ばれる装置です。アローヘッドは二段になっており、上段がパイロット用の赤外線暗視装置でこれはパイロットのヘルメットの動きと連動して左右に動きます。下段はコパイロット(副操縦士)が主に照準を合わせるためのものです。暗視装置やカメラサイトが搭載されています。Youtube等で検索するとアパッチの暗視カメラの映像で攻撃している動画を見ることができます。

まとめ


アパッチというのは愛称であり正式にはAH-64という名前。アパッチの主な任務は対地・対戦車戦闘。対戦車ミサイルはもちろん、対空ミサイル、ロケット弾を装備可能。アパッチは派生型が複数種類ありアパッチと言っても様々な種類がある。その中でも強いといわれているのがAH-64D アパッチ・ロングボウで自衛隊も保有している。

 

ここまでアパッチの強さを紹介してきましたが、実は現在は戦闘ヘリ自体が戦場では苦戦を強いられているようです。なぜかというと、携行型の対空ミサイルが普及し、ミサイルをもっている兵士に待ち伏せされ撃墜されることが多くなってきているからとのことです。。。