THAADミサイルの迎撃能力は?

北朝鮮が軍事的挑発行為を行う中、韓国はTHAAD(サード)ミサイルを配備しています。THAADは弾道ミサイルを迎撃するためのミサイルで、役割としては自衛隊も保有しているPAC-3(パトリオットミサイル)と同じ役割ですが射程等がTHAADのほうが長かったり、破壊時の被害の差など性能面での違いがあります。

 

THAADミサイルとは


THAAD(サード)と言われているこのミサイルは冒頭でも書いた通り、敵弾道ミサイルを破壊するための迎撃ミサイルです。作ったのはアメリカのロッキード・マーティン社です。THAADはTerminal High Altitude Area Defense missileの略称で日本では「終末高高度防衛ミサイル」と呼ばれており、自衛隊が持っている迎撃ミサイルPAC3(パトリオットミサイル)よりもはるか上空の成層圏よりも上で破壊し、ミサイルの破片による地上への被害を減らす事ができます。敵のいる高度によりTHAADとPAC3で使い分けるようです。

THAADミサイルが発射されると


THAADミサイルは探索範囲1000kmの移動式フェイズドアレイレーダーとC4Iシステムという指揮決定システム、10連装ミサイル発射機で構成されています。全て移動式です。

発射されるとTHAADミサイルは、推力偏向ノズルで進行方向を調整しながら秒速2.5kmまで加速し大気圏外付近まで向かいます。その後、弾頭が切り離され搭載された赤外線画像シーカーと10個の姿勢制御スラスターで向きを調整しながら弾道ミサイルへ体当たりして破壊します。秒速数kmの超高速で飛んで来るミサイルには爆風などを与えても、あっという間に通り過ぎてしまい効きませんでの弾頭には火薬を積まないで直接衝突させる運動エネルギー弾(KKV)となります。その為、非常に正確な誘導が必要となります。

 

日本はこのミサイルを配備する予定は今のところ無いようですが、レーダーのみがミサイル警戒用に青森県と京都府に配備されたそうです。